日本古来のよさと草花木果

 

以前草花木果の化粧品のトライアルを使ってみようと考えたことがあります。
使ってみるとだんだんくすみや毛穴が目立たなくなってくると知人達の間で話題になっていたので、一度購入してみようと思い、お手軽に試せるトライアルセットを購入する気になりました。
ゆず・緑茶・どくだみ・よもぎの4種類存在していますので、どれにしようか迷いましたが、サイトでどんな効果があるのか確認することにしました。
サイトで確認すると、それぞれに有効といわれている効果があるので、読んでみました。
よもぎにはデリケートな肌をしっとり潤ってくれるという効果が期待できるそうです。
また、デリケートな肌にもぴったりだといわれています。
調べてみると、よもぎの葉のエキスにはアトピーなどにも効果があるということですから、肌がちょっと敏感な人にも使えそうですね。
日本に昔からある薬草として有名なよもぎに、そういった効果があることを知りませんでしたが、これなら安心して使えそうですね。
また、同じく昔から日本で訳そうとして有名などくだみには、その殺菌・消炎作用から大人にきびやにきび跡に効果を強く期待できるものだと知りました。
確かに、殺菌効果は強く、夏にはどくだみをお風呂に入れて汗も対策に刷るというところもありましたし、冷え性などに改善にも効果を期待できるとして、いろいろなところで栽培されているといわれています。
どちらかというとオイリーな人向けの化粧品なのかもしれないと思いました。
ゆずには、潤いを守りながら肌に効果が期待できるといわれているそうです。
また、はりや弾力のあるしっとりとしたお肌になるということでした。
ゆず湯というのは昔からお風呂上りに肌がしっとりするという効果を感じられたので、納得できました。
緑茶はべたつきやてかりをおさえて、潤いながらすっきりした肌を目指せるそうです。
緑茶の殺菌効果は、うがいなどをするときにも効果が高いと医学的にも証明されているので、清潔にさっぱりした化粧水を使いたいのなら、緑茶をオススメしたくなるというのもよく理解できます。
季節や自分の肌の室によって試してみたくなる化粧品は違うと思います。
自分自身で使うとするなら、よもぎとゆずと迷いましたが、これから寒くなる季節に備えてゆずがいいなと思いました。
香りもよさそうですし、しっとりはだが潤いそうな期待が持てるのもいいですね。
日本に古くから伝わるものを化粧品として使う草花木果は、多くの人が使い続けていてよかったと思えるものだと心から感じますので、今度カラコンやマニュキアと一緒に注文してみようと思います。