それぞれのよさがある草花木果の化粧水

 

草花木果は、株式会社キナリさんが展開しているブランドです。
あの資生堂さんの100%子会社ということだけあって、化粧品へのおもいには、確かなものがあります。
それは会社名にもです。
株式会社キナリという名称が、自然から授かる豊な恵みや知恵、これらを生活にうまく取り入れていこうという意識、ここから日本語の「生成り(きなり)」に由来させたというところにも、またおもいが伝わります。
2001年からはじめている、この自然派化粧品の販売も、ですから美容という観点から、私たちの日常生活をサポートしてくれています。
それは、この自然素材を扱った化粧品が、品質・鮮度管理が難しいことと、また私たちお客さまに近いトコロでの販売を行いたいという理由から、当初から通販限定で今もなお続いています。
こういう化粧品ですから、たとえば化粧品にもさまざまな種類がせありますが、それぞれのよさがあるんです。
一番人気の透肌ローションなどは、古い角質を取れやすくしてくれて、お肌をみずみずしく保ってくれます。
ですから毛穴やくすみが気になる方はオススメなんです。
植物エキスとともに温泉水も配合されていて、それが大切に私たちに届いているからこそ実感できるんですね。
また、自然素材を前面に出している化粧品もあり、それぞれの特徴があります。
ゆずですと、かさつきを防いでくれて肌にうるおいとハリをもたらしてくれます。
ゆずエキスがメラニンに効果的なのですが、その自然のチカラを最大限発揮させています。
くすみにも効果的というわけです。
緑茶となりますと、べたつき、脂くすみを防いでくれて、さらっとしたうるおいを、お肌にもたらしてくれます。
緑茶カテキンが皮脂からお肌をまもってくれ、また使用後のすがすがしさは、あたかもアロマのような感覚になります。
また、どくだみは、けっこう悩まれる方が多いオトナニキビに対して有効となります。
どくだみの薬効成分のはたらきで、お肌をニキビを繰り返さないようにしてくります。
もちろんニキビの腫れ・悪化にも使用できます。
そしてよもぎは、肌荒れかかさつきをおちつかせてくれて、しっとりなめらかに仕上げてくれます。
よもぎエキスのやさしい成分は、デリケート肌や乾燥肌の方へも心地いい低刺激です。
こうしてみると、草花木果の化粧水には、それそ゜れのよさがあることがわかります。
そしてどれもが自然のチカラを最大限引き出してくれているということです。
私たちは、自分のお肌の状態を考えて、自分が利用するものをセレクトしたいものですね。